ややな

ややな

腐女子の話すことなんで気をつけてみてくださいね

今さらな話。

ツキノフレンズ。4 に参加したとき書いてたやつ。今同人ぼやきを良く目にするから思い出して掘り出してきた。

 

2017/1/29
東京ビッグサイト

個人でのイベント参加は3回目。ツキウタでは初めて、さらに言うと東京ビッグサイトも初めて。(同人誌のあとがきの書き始めと同じようなこと言ってる…)わからないことも多かったのですが連れてってくれたみやびが慣れたもんだったので終始とても助かり、良きイベント参加となりました。びっくりするぐらい今さらの話で申し訳ないのですが、感じたことなど書いていきたいと思います。

まず初めは松でスペースとろうと思ってたのですが、ツキウタはアニメが終わった直後のオンリーということもあって、かなり盛り上がりそうでだんだん羨ましくなり…、申し込みがまだだったので、勢いで予定を変更しました。

ツキの本はもともと委託で出してもらう予定だったのを、しっかり「自分のスペース」で売ることになり、そこからがようやくしっかりした構えになった感じでした。

前回・前々回とは違うところがたくさんあったので、とても不安でした。

松の本は公式寄り・四コマ漫画本だったので、いきなり普通の等身の絵・ストーリー漫画を描かなくちゃいけなかったのがまずめっちゃ大変。
松絵のなにがいいというと多少下手でもあまり気にならないところとか、自分の絵柄を気にしなくてもいい点だと思います。それは自信がない人とか絵が上手くない人にとっては発表するハードルがグッと下がる。
昔から絵を描くのは好きだったし一定の自信もあって、あんまり躊躇なく公開していたけど、基本的に自分の絵に価値があるとは思っていません。少し様子見のつもりで絵をあげたりして、行けそうだなと思うまでほんとうに恐る恐る進めている感覚でした。

ネームも不安だったから少し添削してもらったりしました。ちゃんとした漫画、コマ割り、セリフ…どれも見よう見まね、高校生のときの授業中の落書きの延長線でした。原稿用紙も初めて使いました。(使いやすくてビックリした!)

その不安感は手を動かすことで徐々に緩和されていきました。手数が増えれば慣れたり上手くなっていくし、全体的にまとまりが出てくるとこう言う作風ということで見せ方を考えていけた。そもそも情報量が増えればそれなりに見えるもんだと思います。

ジャンルが変わったという点も本当に大きかった。特に松とツキウタ。とではもう何もかもが違うじゃないですか。前々から言ってるんですけど食い合わせ悪い感じある。(あんスタとツキなら食い合わせはいい、みたいな感じ。好きな層が被ってない的な)
母数が全然違うから、目に見える範囲が違う。
周りを気にせずに出来ていたことが、周りを意識せざるをえなくなって、急にしんどくなってしまいました。
そもそもブログでも始めようかなと思ったのは「同人活動やめたい」という内容を書きたかったからです。
また、同人活動ぐらいしかやることなかったんで、どうしてもそれが全てになってしまっていて、だからこそしんどい部分が出てきていました。

なんで絵を描くのかというと、それが好きで楽しいから。発表するのはひとつ区切りをつけるためだったり、人に見せられるクオリティを保つための基準みたいなものだったりする。
発表して評価されることだけが全てじゃないのに、ツイッターピクシブに絵をあげてその評価が常に誰のものも目に見えてる状況がとてもしんどかったです。
そういう人って完全にSNS向いてなくって。早く辞めろという話。

同人は趣味の世界なので、誰になにも言われない、自分の意思だけがすべての世界だなと思います。単純なうまいヘタではなくて、人の数だけ思いのある場所だと思います。だからこそそれが気持ち悪かったり、時には嬉しかったりしました。

物を作ることとそれが消費されることが目の前で直に行われている状況が慣れなかったし辛かったなと思います。一生懸命描いても消費は一瞬ですからね。反応のあるなしもリアルタイムで感じられてしまう。それがいい時はもちろんだけど、反応がなければ本当に辛い。
そういった状況が、単純に、あまり慣れていなかったなあと思います。
イベントの当日まではネットの世界が全てな感じがありました。

そういういろいろがあってイベント当日までのメンタルはボロボロ。冗談ですけど、一冊売れたらもう帰ろうと思ってました。

前までの「売れなくてもいいや」という心構えから「買ってほしい」と思うようになったから。
買い物から戻ってきて、椅子に座ってからすぐ一冊売れて、かなりホッとしました。
ネットのみの世界から、現実世界が広がった気がして、働きかけたことからレスポンスがあった感じで。
初参加でもないし、そんなこと良く考えなくてもわかるはずなのに、見失っていたんだなと思った瞬間でした。

本当に楽しかった。正直言って自慢できるほど売れてませんけども。


そういう意味でも本当にイベントは最高だった。ただ見は原則無理ですし、お金も先払いだから、確実にもらえる。
あんまりだったな、なんて思ってもそれが暗に作者に伝わることもない。
もちろん…これは私がそこそこ売れてちゃんと感想をもらえたから言えることなのですが。
一冊も売れない想定もしていたし、売れなかったら最高なんて軽くは言えなかっただろうと思う。
ネットが全てな気がしていたあの状況は辛かったし、現実を感じられてことが、もし売れてなかったとしてもよかったんだろうと思う。
本当に拙い点も多い。絵も話もコマわりも全部むちゃくちゃ。でも頑張った分以上のレスポンスをもらえて、自分のしたことが受け止められて少しでもなにかにつながっていく感じが感じられてよかったです。

描いてよかったなあと思ったし、またこういう体験を積んでいけたらと思ったので、またイベント参加して本作って売りたいなあと思っています。
ツイッターはやっぱり活発に動かせないけど、その分イベント会場での体験を良いものにしていきたいなあ。
いや、webの感じも好きだから、自分の負担にならない距離を探れればいいなと思います。目標!

自分の好きがそこだけで終わらない、変化していける。いろんな好きの集まる不思議な場で、わたしも自分の好きを上手に巡回していければいい。やめたいけどやめたくない、これが同人ドラッグ…!


数日たった今は結構楽しくピクシブツイッターも出来てて、適切な距離感や立ち位置を取れ出る気がします。
その日もらった言葉たちにずっと引っ張ってもらってます。ついでにはなりますが、感謝を伝えたい、ありがとうございました!
一言でも、もちろん言葉だけじゃないな、買ってもらったっていう圧倒的な事実。その人がその日その場所に来て、いいなって思って自分の所持してる金銭と交換してくれたって。なんとなく見てたツイッターでいいね押すのとはわけが違うと思います。

こういうのいつも情報量って表現してるんですが(多分適切ではない)、それがもう全然違う。

それを思うと5億いいねなくってもいいやって思ったし(嘘、ほんとはほしいけど…)、何冊でも本出しちゃいますよね〜。アハハ!

 

 …(書いてあったの終わり)

とのことです。なかなか興味ぶかいね。自分の文だから当たり前だけど、そうそう〜!って思いました。そう、この頃MAXでしんどかった気がする。今はのらりくらりやってて楽しいけど、それもこのときかがつけたことがいっぱいあって、なによりいろんな反応をもらえたからなんだよな。この体験、大事にしたいです。またイベントが近いですが…なんとか張り切って参りましょう。それでは!

 

 

 

ハイコン2018

ハイキュー‼︎ コンサート 2018
グランキューブ大阪
2018/1/27

http://www.j-haikyu.com/anime/event.html?id=5

 

ざっくり矢継ぎ早に感想を。

マジでなんの推敲もないので、ご勘弁ください。

 

昼は堀江などでカフェを楽しみ、地下鉄と歩きで中之島まで。めちゃくちゃ歩いたけど常にアドレナリン出てて全く疲れてない。怖い。

オーケストラコンサートみたいなの、初めて聴いた。すごいよかった。あっ地元大学の学生ミュージカルで聴いたかもしれないな…でも舞台のBGMって位置づけだからちょっとくぼんだところで演奏するやつで、ちゃんと見えないやつ。

始めの曲、すげ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…良。曲名は『ハイキュー‼︎』かな?日向がチャリ乗ってるところから、セリフありで始まって、総集編みたいな回想の映像がブワッて広がるのが、よかった。
生演奏の迫力がめちゃくちゃ伝わってきて、ビリビリ震えた。風が吹いたみたいになった。涙腺かっ切れて少し聴いただけで見ただけで涙が滲んだ。
「泣くかも!笑」とは言ってたけど一曲目からってさすがに壊れすぎか!?とか思って、でも周り見たら結構泣いててホッとした。
あそこ山場っていうか…ほんとクるところだよなあ。

映像と生演奏で綴るアニメハイキュー‼︎の軌跡。素晴らしかった。物語を思い出しながら、曲を楽しめた。

『及川徹』来るぞ来るぞ〜〜って思っててほしいタイミングでそれこそドンピシャ!って感じで曲が始まって、サイッコーだった!
カ〜〜!!好き!!

『神業速攻』がゲキゲキゲキアツ!!!
かっこよかった〜〜!バイオリンのかっけーメロディがあって、立って演奏するのがまあかっこいいことかっこいいこと!
ロン毛で雰囲気がありまくりのコンマス(のだめの知識…)で、この人がきっと作曲の林さんなんだ!と思った!ら違った!

いろんな楽器あるけど、わりとどこから鳴ってんのかわかんない音、みたいなのも結構あって、それを探したりするのが楽しかった。
声みたいな音すんな、と思っててキーボードとかから出てるのかな?と予想してたらマジでコーラスの人が居たのを見つけた時がびっくりした。
おるんや!歌わんとき座るんや!(そりゃな)

バイオリンの音って綺麗だよね〜…。
音に対して本当に知識ゼロだから、なにもわかんなくって、ただただ、良い!!!と思うのみだった。
それがちょっと悔しいというか。
もっとわかったら楽しいんだろうな〜。
吹奏楽やってた人はいいな、ここのステージに立つ人の気持ちが少しでもわかるんだもんな。
音楽好きだけど、好きという気持ちでしか関われない。というか、今から楽器やろうとかいろいろ聴こうとかそこまでのモチベーションがない。そこまで思えるほど好きではない。これはちょっと乱暴な言い方だけど。

好きっていうのは、「関係を持ちたい」みたいな感じだと思う。知りたい、わかりたい、なりたい。もっとわたしのなかで特別になってほしい、という特別な気持ちだと思うから。

音楽好きだけど、君はわたしの中の特別にはなれないんだよ。なってほしい!って今日思ったけど…ごめんね。(告白されてもないのに勝手に振る女……)

『超速攻』神業速攻とメロディは一緒なのかな。地に響く感じとかもっと激しくて荒々しい感じがして、影山主導の神業から日向主導の今の速攻になった、音変化で感じてよかった。

この辺りで音楽も二次創作では?という気分に。失礼でほんとすみません。自分に近いもので例えようとするからおのずとなんかちょっとディスになってしまう。悪気はないんス…

(同人愚痴が入ったので流して見て)
-----------
解釈違いだなんだとうるさいけれど、完璧なこれという正解なんてあるわけないと思う。作者が絶対!…も言うのはわかるけど、作者にだってわからない部分もどこかしらあるはずだろう。キャラクターの全ては描き切れないのだから。(「蜜のあわれ」という映画が好き。小説家のおじさまと、おじさまが描く金魚の少女との間でいざこざする話なんだけど、自分で生み出したキャラクターが自分の手元を離れて思い通りに動かなくなっていく様が、あぁ、と思う。)
たくさんの人が思うキャラクターのイメージ像が反映されていって、その集合体がキャラクターであって。そもそも人の人生だって100パーセントこうだとか、ああだとかあるか?ないっしょ、ならキャラクターだってないだろ。いや、わからん、それがあるから二次元なのかもしれない。いや、、売り方を考える人が性格のガイドラインをチェックしてるのが二次元って感じか…???その監修を受けてるか受けてないかが同人と公式の差みたいな…???……
わからん。でもなんか、そういうことをチラッと考えて、人と架空の物語との関係に思いをはせて、不思議だなあ、好きだなあと改めて思った。
-----------

『昼の月』ってタイトル超いいですね。
古舘先生のセンスが本当に好き。ここあまり気にしてなかったけど、良さに気づけてよかった。

『コンセプトの戦い』か〜〜〜〜っこよかった!つよいもんのつよい試合のつよい音楽!爆盛り上がりだよ!
通して伝えたいことは、バレー面白いよってことだよね。ビシビシ感じてよかった。
映像見てると奏者を見逃すし、奏者を見てると映像見逃す。どっちも見たいんやけど…!
映像あるから音楽が際立って、音楽あるから映像が際立つというか…!どっちも高め合ってどっちもいいというか…!だよ…!

エンドロールのイマジネーションのオーケストラバージョン、サイッコー!
連載1話目のことを思い出した。
アニメ化が決まったときのことも、CMが流れてるのを見たときのことも、1話目が始まったときのことも。
そこで流れたイマジネーションのこと。
ふわ〜〜っと思い出して、ぐっと噛み締めた。
1話目からおもろかったよなあ。王道主人公の王道ストーリーで、進むごとに今までとはちょっと違う面が見えていって。アニメ、丁寧に作ってもらえてよかったなあ…とかいろいろ。

超よかった…。
良いものを届けてくれてありがとうございました。
たくさん感動しすぎて、終わったあと超しんどかった。疲れた。山場の詰め合わせだったわけで、全編山場しかなかったわけで…。「泣くかも!笑」じゃない、ずっっと泣いとった。あほか。

こういう感情はやはり今書いて今出してかないと意味なんてないんだ、と思うようになったので、あまりに粗雑な感想ですが投稿させていただきます。
ご静聴いただきありがとうございました。

2017

今年も一年楽しかったな!
TLにのせるのもな〜となんとなく思ったのでブログにて振り返りのようなものでも。

1月
ツキフレ。4
緊張したな〜。それまで感じたことない感情もたくさんありました。周りの環境に振り回されてうまく息の仕方がわからなくなったり…したかもしれない。

2月
ホストちゃん
吉祥寺握手会
コラボカフェ

3月
スクレボ
愛と憎しみの…あっいやいや。黒の千秋楽が観れて嬉しかったなあ。
仕事と趣味を両立させるのは大変なんだなと思いました。

4月
東京に遊びに行く(NOT 遠征)
コラボカフェ
サンシャイン栄
ツキパラ始まった
このとき原宿文化の可愛さに気がつく。

5月
ツキパラのサーカスガチャ
ツキフレ。5

6月
絵を上げるアカウントを分ける
パソコンが死ぬ
笹くんと友咲さんのイベント

7月
ゆるっとーくカフェ
刀ステのライビュ
スケパ
黒ステ
防衛部CGライブ
イムリ
Bプロ
なんか忙しかったな。

8月
月歌夏祭りのライビュ
アラパ
夏インテ
うさみみガチャに勝つ

9月
復刻サーカスガチャで重傷を負う
ハイステ
オリジンビジュアル公開
グラビのおしごとイベント 大爆死する

10月
スパーク
ルナパ
松二期始まる
プロアニ始まる

11月
たくさん休む
兎王国 大阪公演

12月
兎王国 東京公演
プロアニ最終話先行上映会
きやまくん冬イベント


今年はたくさんいろんなところに行っていろんなものを見ました。今までとはまた違った一年で、新鮮なことばかりで楽しかったな。

これはどうでもいい私情ですが、仕事が後半からめちゃくちゃになってしまって、しんどくて、いろんな人に迷惑かけてしまいました。(いろいろ思い出して死にたくなってきた…。)
それでも、生きるしかないんだし、少しずつでも前に進んで行かなくちゃというのを趣味ごとの中から感じました。

オタクコンテンツが好き!なのでやっぱりわたしも、ちょっとずつでいいからなにか生み出していけるようになりたいです!
マイペースではありますが、頑張りますので、来年もおつきあいいただけると幸いです。