ややな

ややな

腐女子の話すことなんで気をつけてみてくださいね

富士急

2018/6/16 sun. 
サマカニのために前入りして、ついでに富士急で遊びました。

tsukipro-anime.com

コラボも大いに楽しんだよ〜!
ジェットコースター乗ったあと、あそこが怖かった!とかをその時の興奮そのままの勢いで友人と一気に話し合うなどしたのだけど、これって結構オタクじゃないか?とふと思いました。どうですか?もはやオタクじゃない人の感性というものがまったくわからない。普通の人は乗り終えて何を話すのかな…。あの時こうだったとか全部言葉で出して行く、共有していくのがめちゃ楽しいんですよね。その後もネットで感想探しちゃった。
ということで、富士急アトラクションの感想です!そんなにだけど、アナウンスについても触れます。

f:id:ya-ya-ne:20180620153453j:image f:id:ya-ya-ne:20180620200859j:image

 

 

ええじゃないか

園内に入ったテンションそのままでガッと行って乗ったのですが、わりとトンデモアトラクションですね。 SolidSとコラボしてるから否が応でも乗らないといけない運命(さだめ)だったので、ふわっとしてる状態で並べてよかった!うん!
並んでるところからレールが見えるのでええじゃないかが通過する度表情がなくなりました。絶叫ダメではないけど得意でもなく〜…並ぶことは出来るけど…半端なくビビる…。
アナウンス担当はつばち!安定感抜群のちゃお〜☆が癒しでした。 そんなにたくさん回数が流れるわけではないのですが、一通り聞けたと思います。おかげで楽しく待てました。そこまで混んでもなくって、およそ30分ぐらいで乗れました。

終わった人が帰ってくるのを見てるとみんな顔が死んでてやばい。
いざ自分の番になると1番前になってしまって、もうこの段階ぐらいからどうにでもなれって感じ〜。
つばちの元気なアナウンスは出発前にもあります!最後は「ええじゃないかー!」で締め。いやよくねーよ。みんなが拍手する中お祭りムードで出発です。フォロワーに伝言を残さなかった後悔を感じながら、いい人生だった…と思った。

出発が後ろ向きなんですよね、だから実際は1番前じゃなくって1番後ろでした。でも後ろ向きで登って回転しつつ落ちるので…もはやそんなことはどうでもよいのです。
上がると見える山、空、雲……あぁ綺麗だな〜…なんて思いつつ…もう気持ちが死、感情が限りなく無。てか長かったんですけど!?後から見るとここの角度が結構ゆったりしてるんですよね。見えないから怖くて長く感じるのもあるし。
上がりきって、落ちる!と思ったら一回ワンバウンド、そっから本気落ちするんですよ。それからはもうどうだったかさっぱり覚えていません。途中空気の圧で抑えられる感じがすごかったかな。回転してるのでなにがなんだかわからないまま、気がついたら終わりです。
わけわからなくなるから怖い気持ちは少なかったし、浮遊感も思ったよりないですが、ちょっと酔いますね。
終わったあとは「意外と大丈夫だった〜!」とかにこにこ言ってて、マジでわたしはこういう女なんだよって感じでした。

ウェーブスインガー

大好きな空中ブランコ
アナウンス担当は望。望ならではの自然でゆるっとして楽しい感じがよかった〜。自分が乗ったときと人が乗ってるときと言ってることが違うときがあったのたけど、何個ぐらい音声あったんだろう?
始まる前「揺らさないでくださ〜い」と言うのがかわいい!
こちらは終わったあとのアナウンスもあってそれ含めてとっても楽しかった!頑張ってお仕事してるんだな〜って感じれてとても良かったです。

ティーカップ
へとへとの顔で乗り、一切回さなかった。(意味) めちゃめちゃ回してる子供2人組がいて、あれが恋くんと駆くん、などと話したりしました。

マッドマウス
楽しい!大好きなやつ。よくあるやつ、普通。って感じでした。

FUJIYAMA(2回乗った)

満を持して。
アナウンス担当は剣くん。不思議な音楽を歌っているんですが〜とGrowthの音楽を雑にまとめるのがかわいい。
出発前のアナウンスももちろんあり!このときかなりビビり倒してたからあんまり覚えてないけど。出るときスタッフさんたちとハイタッチをする文化があるのだけど死んでたのでそんなことをしてる余裕はなかった。
出発してすぐくるっとターン、からの上り。声を出すと気が紛れてまだマシということに気がつきました。ずっと「死ぬ!無理!」などと連呼してました。
一回ガーーッと落ちたあとはもうなるようになれ…!で楽しかったです!ただ落ちるところはかなり気を踏ん張って、「行くぞ行くぞ!」などと叫んでやり過ごしていました。浮遊感があんまりなくていい。長いのも楽しい!

2回目は夜、最後の締めとして乗りましたがその頃だいぶ霧がすごくて、登ってるときは先が見えなくて余計に怖かったです。 2列目だったんだけど前に人がいなくて(前列が1名の人で隣が空席)実質1番前になっちゃってやばかった。まあ落ちて仕舞えばそんなこと関係ないけど…。
2回目で余裕が出てきた友人が「あれコニファーフォレストじゃない?」って走行中聞いてきて、一瞬そのトンガリ屋根の建物を視界に捉えて「あれがコニファーフォレストっていうんですね〜〜!!!」と叫びながら落ちました。
みんな一緒だぞ!というのを感じたくて落ちるとき執拗に「よっしゃおらお前らいくぞ!」と言ってしまうのオタクっぽくてキモい。(自分のキモいところをオタクだからで片付ける女)

ド・ドドンパ

これは早いだけだし余裕でしょ!ええじゃないかとFUJIYAMAを超えたわたしたちに怖いものはない!的な感じで並びました。
ここで待ってたときが1番寒く辛かった気がします。この日ほんとに寒かったんだよ〜。
いざ出発すると暗いトンネルに入って一旦しばらく止まります。そこで、行くぞ〜的なアナウンス。(コラボだったらよかったのにな〜)暗がりに虹色の光のラインが浮かんで光る。綺麗。これから…と思うとマジでめちゃくちゃ怖い。
3.2.1、とカウントしてスタート!!!ドッッッと発車してすぐめちゃくちゃ早くなるんだけど、いやいやいやいや、速いって怖いんだ……!ってなります。ジェットコースターが落ちる時の浮遊感を感じます。胸の中心にグッとくるみたいな恐怖心というか浮遊感…。エ!めっちゃこわい!と思っているとドッと速さそのままトンネルから外に出る。
そのままコースを駆け巡り、なんだかんだわけわからんうちにループを登っていく。うわ!登ってる!って気がついたらぐるっと視界が回って逆さになってループを降りるところになってる。ここは逆に速度が落ちていて、ゆっくりループを味わえてしまう。そしてしばらく進んで終了。
舐めてたから思ったより怖かった…けどめちゃくちゃ楽しかったです。すげえ、未知の体験だよ。これはここでしか味わえない。

鉄骨番長

高い空中ブランコ。それくらいの認識で、空中ブランコ好きだし楽しみ〜とか思ってたら、どんどん上昇することがすげえ怖くて全然楽しめなかった。空中ブランコと同じぐらいのこんな軽い装備でこんな高いところぐるぐる回されるのめちゃめちゃ怖い。
ちょっとでも動いたら落ちてしまいそうで一切体制を崩せませんでした。「すごい怖い。どれぐらい怖いかというとここから一切動いてないぐらい」と言いながら…。


観覧車
透明のやつにのったんだけど思ったより怖くって楽しめなかったな!笑!でもこれに乗っててっぺんでのチューを試みるこいかけに思いをはせることはできたのでOK。いつがてっぺんかわかんなくて今か!?今!?ってするよね〜。
しかしなんでこんなに怖いのかな…高所恐怖症のケがあるのかも。日本の技術を信じてないわけではないんだが…。HEPの観覧車も怖くて…でもサンサャイン栄のは大丈夫だったな…。なんなんだろう。


メリーゴーランド
上下する馬に乗れてご機嫌♪


クール・ジャッパーン

濡れ率120%、傍目にみても想像の3倍ぐらい飛沫が上がって、何度見ても笑っちゃう。
てかロッカーの鍵がもう濡れてる。アトラクションの足場に水が溜まってる。椅子が濡れてる。もう…こんなもん…濡れないことは不可能…。100円で帰る薄手のポンチョを被って、いざ…!
アナウンス担当は壱流。いつも聞いてる感じよりかなり余所行きな感じで、かしこまっててカワイイ!お仕事してるところってそんなに見れるわけじゃないから新鮮〜すごくいいアナウンスだった。肉うめぇって言ってるのとは全然違った良さ。
ずっと思ってたんだけど久我兄弟って、元の声優さんの声がめっちゃ似てるとかではないし演技の方向も全然違うのに歌ったり喋ったりすると声が判別できなくなるんだよね。二人のことをよく知らないだけかもしれないけど、いつも不思議に思う。
今回のアナウンスも壱星っぽい壱流で可愛かった。
さて、元気に送り出された我々は黙々とレールを上がります。いつも舐めてかかって乗るけど上がってるところでどうしようもなく怖くなるんですよね!
上がりきったら少しカーブして(こうすることで車体を全部一回上にあげている)から本落ち!一回きりの急落下!普通にこわい!けどまあそこまで浮遊感はない…と思っていると水面にぶつかって飛沫があがる…!目の前に現れる波の壁。あれ!?意外と濡れないな〜…?な〜んて思っているとその波がそのまま重力にしたがってふにゃっと崩れてどばどばどば〜!!っと全部落ちる!それを全部被る!全部濡れる!全部!水中に入ったぐらい濡れる!降ってくる水が痛い!いや〜…!やばかった!
フードをうまく被れないまま出発しちゃったから髪の毛ビッショビショになりました。あとは地味に靴と背中にに水が入ってひやっとしたぐらいで、ポンチョのおかげで服はそこまで濡れてないんだけど。
本当に、濡れるために乗るってレベルですね。シャワーかよ。富士急の本気をみました。振り切れててかっこいい。
夏だったらさぞ気持ちいことでしょう〜。実際は寒かったからめちゃくちゃ凍えた。(しかも霧のような雨が降っていた) ​

コラボドリンクのはなし

寒かったからなあ〜…あんまり美味しく飲めなかったです。ごめん!


f:id:ya-ya-ne:20180620154210j:image

  • SOARA ノンアルブルーソーダ 混ざってるところと混ざってなところの差が激しい!味が濃い!オレンジ潰したら美味しいかなと思ったら美味しくなかった!
  • Growthノンアルモヒート も、モヒートってこんなんなんだ〜…なんとなく強そうで飲んだことはなかったんだよな。へえ。ミントのみだとまずい。ひやっとする。ライム潰すと美味しい。
  • SolidS ノンアルシャーリーテンプル 一口目はあっ美味しい!と思ったんだけど以降はなんだかまずかった。味が濃いんだよ…。
  • QUELL ノンアルピーチソーダ う〜〜〜ん…なんか薄かった。ナタデココは美味しい。一番美味しい。

 

以上、楽しかったです!
肝心のサマカニについてもまた書きます!

 

月歌夏祭り

www.tsukiani.com

月歌夏祭り 2017/08/06
ライビュ 昼の部14:00〜 / 夜の部18:00〜

今更?!なんですけど、書いてはいたけど公開してなかったものを急に見て欲しくなったので更新しました。
なんとも言えない雑感で、主に黒年少(恋駆)のことにしか触れていません。特に書きたかったことだけという雰囲気です。よろしくお願いします。

 

なんだかんだ、とても楽しかった。本会場は当たるわけもなかったのだけど、ライビュは昼も夜も行くことができてよかったです。

(ライブではない)声優さんイベントは初めてでした。ライビュすら行ったこともなかったし、DVDも…おお振りのイベントDVDはちらっと見たかも?あ、春ファンのDVDは見ました。それぐらいかなあ。
声優さんにはあまり詳しくないですが、梶くんは好きです。

 

始まる前、グララブとロッツのCGが流れました。大画面で見るとまた違った良さがあり、全然これだけでも満足できちゃうちょろオタ…。
なんだか聞き覚えのあるBGMが続いて流れ、メンバーの今回のビジュアルとともに声優さんが登場し、夏祭りはスタートしました。

以下、ざっくりと思ったことなど。

・梶くんの輪郭を本人よりも気にしているわたしですが、なんかめちゃくちゃ細くなっててびっくりした!これはこれで心配である。ちゃんと食べてる〜〜!?どっちにしてもやいやいうるさい茶の間オタクでごめんね!(あとから、鍛えてるらしいよって聞いて努力の賜物だったことにすごく感動しました。梶くん…!)

マニュアル車?って言った…!?車校通う恋くん〜〜!駆も通っとるのかよ…!気をつけて運転しなね〜。
運転のうまさ下手さってどこで変わるのかな。わたしは下手です。恋くん上手そう、駆も。
2人ともなんでマニュアルなんですかね?
知り合いで、かっこいいから〜、という理由のみでマニュアル取った人がいるので、そういう理由であったら微笑ましいなあと思います。
しかし駆が運転…、大丈夫か?アンラが心配〜。随分と前にかけるんは絶対運転しちゃダメ!って話したからさあ…。
・身長が180になったら?について。
つむじを押したい!郁と恋と新?だっけ。新刊のネーム変えなきゃかも〜〜?と思ってしまいました。身長ネタありがとう〜〜!

・BGMとメッセが合わない黒年少
梶くんの「俊平くーーん!」
増田さん的にはもっとギャグな恋くんも楽しいけど、かっこいい恋くんも演じたい!って感じなのかな。あのメッセージはとっても恋くん!って感じがしたし、いつでもああやって元気付けてほしいんだけどな。BGMや話の流れが悪かったよな〜。でもああいう反応しちゃうの恋くんっぽさがあって可愛かった!
声をウィスパーにして合わせてくるの、梶くんはわりと合ってたけど増田さんはうん?という感じであったので、大人しく元気で可愛い恋くんでいてくれよな!

・最後ふふって梶くんと増田さんが笑いあってて可愛かった。

・BGMに合わなくてバカやろ〜〜ってカード投げてるところ梶くんの「ダメだよ恋!」が可愛い!バブみ感じた。
・身長について恋いっくんを睨むかけるいるい 「恋におごってもらお〜〜!」可愛い。おごってあげてるの可愛い、あまりにもカレカノ、ダブルデート。もしもし、わたしたちのツイッター見てます?
・アンラな友達にかける言葉がない、からの気にかけてもらえるだけで救われる。からの恋はね〜、が、ね、もう

駆が誰よりも恋くんのいいところをたくさん知っているというのは常識ですが、(妄想か?) 「理想がちゃんとある努力家」(初めまして編)「ああみえて気がきくタイプ」(駆1stOP)と、恋くんを残念!と評することも多いけど、ふとしたときに高評価してることがぽろっと溢れるみたいにみえていて、今回のこれもその延長線だなあと思いました。
それにしても今回、「恋はね〜」の一言からまず可愛さや明るさがありありと滲んでてたいそうたいそう可愛かった。
梶くんの表情も最高。
駆はぽろっと恋くんを褒めることがあっても、こんな風にみんなに対して自慢するみたいな褒め方したことなかったのに、それがあまりにも新鮮で感動。てっきり駆は恋くんのいいところは独り占めしておきたいみたいなとこあるのかなと思ってました。そこを心境の変化と捉えるか解釈を変えるか…どっちもおいしいので残してきたい…。
完全に「俺の恋」だったし、「自慢」「惚気」でした。ありがとう。
こんな風に他人に対して恋くんを誇りに思えるの、いいよね。恋くんが駆をそんなふうに話す場面はあったけど、逆はほんと。新鮮。破壊力抜群でした。
その後顔を覆って「駆さんがデレた……!」と恋くん本人もびっくりしていたのがとても可愛らしかったです。

・そのあとの、2人で笑い飛ばしてるところあるよね。みたいな話もめちゃめちゃよかった。

・恋くんは女の子に慣れましたか?という質問に対して。
「大人になったので、話すぐらいなんでもないですよ〜……って言えたらよかったのにな!!」爆笑!よかった!
残念な恋くんが好きだし、そこは変わって欲しくないなあと思っています。でも女の子とはまともに話せるようになった方がいいと思う。(ダメ出し?) ってか本人的にそう言ってるだけで別に全然普通に話せると思いますよ…。そういうところある…。


改めてみても豪華なメンバーで、これだけ集めるの大変だよねとか、ゴミキャパとか言ってごめんねとか、いろいろ思った。現金なオタク。

初めてのこんな大所帯のツキウタイベントで、みなさん少し浮かれていたような印象?でとても楽しそうで嬉しかった。
ツキウタを好きなって、日は浅いし(ツキウタの通年の歴史から比較すると)グッズもそんなに持ってないですけど、好きになれてよかったなあと思えるイベントでした。
リアルタイムで演じられてると、やはりいつもよりふわふわしてて役より本人のテンションに寄ってて、みんないつもより可愛い演技ですごくよかったです。まさにお祭り、特別な1日!

ツキウタ気になったのも一番可愛いな〜と思ったキャラが師走駆で、声が梶くんだったからで、もともと梶くんの演技や声や顔とか性格がすごく好きだったこともあって、そんな梶くんが駆を演じているところを見られてとても嬉しかったです。終始元気で明るく可愛い駆みたいな立ち振る舞いが多くって、感謝してもしきれません。勝手に、梶くんは駆を「わりと計算して演じてる」と思っていたのだけど、思ったより素の部分もあるのかもしれないですね。ま〜あのイベント中の人格がわりと演技だった可能性もあると思いますが…努力家かつ完璧主義だと思うから…繊細さ、生真面目さ、ちょっとめんどくささも感じるその声が駆にぴったりだなあと改めて思います。

ツキクジ。を引いているとき、なかなか取れないウサに対して「めんどくせぇ奴だきっと」と言っていた増田さん、そのウサが12月ウサだと判明したあと「やっぱめんどくせぇやつだった!」と言って梶くんが「めんどくさいっていうな!」と返すというやりとりがありました。
あの「めんどくさい奴」は増田さんの駆のキャラ解釈なのか、梶くんへの解釈なのか…?笑
その場のノリって感じでしたが、個人的に駆って実はめんどくさいなと思うので、キャラ解釈であってもいいかななんて思いました。
増田さんが12月ウサ持ってる姿が見れて嬉しかったです!

駆、可愛いなあ。可愛い。可愛いことを自覚してあえて可愛い振る舞いをしている…。
身長が小さくて可愛い。180センチになったら、という質問でのことや、朗読劇なんかで久々に身長に関する反応が見れて大変嬉しかったです。
新設定発表のとき「思うように伸びなくても」とちょっと大人なやり取りをしていて帰りの電車で泣いたのも記憶に新しいけれど、まだまだ子どもっぽく、栄養取らなきゃ!とか恋くんを睨みつけたりしてほしいかもしれない。現実を受け入れていくこととそういうやりとりするのはイコールじゃなくって全然いい!
身長と駆と恋くんとに対していろんなことを思ったのですが、また漫画に落とし込めたらいいなと思います。


発表〜本会場抽選〜ライビュ会場発表〜当日、といろいろ思うところのあったイベントでしたが、終わったあとはとても幸せな気持ちでいっぱいで、これからも元気いっぱいついていくぞ!と思いました。オタクなので!

とはいえ…あまり肩入れしちゃうとストレス感じてしまいそう(個人的な問題)。これからもほどほどの距離感を保ちたいなと思いました。
おわり!

 

---
(ただ、こうして振り返ってみると、やっぱりあれとかそれとか嫌だったな…みたいなことをちらほら思い出してしまい、悲しくなりました。)

ツキステとわたし

特に大した意味はないんですが自分の覚書レベルに今までの感想をリンクしておきます。プライベッターに書いてる分もあったので。

 

・サマーライブ(初演 上映会)

ツキステ。サマライ27日夜 感想 - Privatter

 

 ・二幕 夢見草

3e10.hatenablog.com

 

・LUNATIC LIVE

2016.12/4 ルナライ、そりくべ - Privatter

 

・三幕 SCHOOL REVOLUTION 

 

3e10.hatenablog.com

 

 

3e10.hatenablog.com

 

3e10.hatenablog.com

 

3e10.hatenablog.com

 

 

3e10.hatenablog.com

 

 

3e10.hatenablog.com

 

 

番外編

アニメイト吉祥寺 握手会レポ

吉祥寺で握手。 - Privatter